FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遺跡


     『狂ったデッサン4』
道路が海になり、漁船が屋根にのっています
車が田に埋まり、海に家が浮かんでいます。

高い木の上で衣類がなびいています
これもまた 『奇妙な果実』でしょうか。

まるでどこかの古代遺跡のように
 住居はすべてコンクリ-トの基礎だけです

はたしてこれが風景といえるでしょうか。

町にあるもの田にあるもの
 風にそよぐもの波にゆれるもの
その一つ一つが完全に大きくずれています

美しい風景とは かつて なんだったのでしょう
 なにごともなく自然のままなら美しいのでしょうか
しかし眼前に広がる光景、これもまた恐ろしく大きな自然の力
 なにごともなく私たちが幸福ならば見える風景は美しいのでしょうか.
  

   今 浜辺に立てば
  すべて おだやかです
  空はどこまでも濃く蒼く 海は春の凪です。

なぎ


  「ギ-タ-ンジャリ」
形なき完全な真珠をもとめて
私は形ある海の底に潜る
この古びた小舟に乗って港から港へと漕ぎ回るのはもう止そう
波に揺られて遊ぶ時はとうに過ぎてしまった
       渡辺照宏訳 タゴ-ル



線路1



  『消えた時刻表』

上の写真は、常磐線日立木駅付近から南を写したものです
写真の上が上野方面になり ほぼ40キロさきに原発があります
震災と原発の影響により常磐線の復旧のめどはたっておりません
電車で東京へ向かうにはバス利用による仙台および福島経由になります。



 来年の開通をめざしていた高速常磐道も富岡以北原発周辺は工事が中断。
上空からの写真ではすでにできあがるべきインタ-チェンジの姿もわかり地元では多くの期待をいだいていました
道路も仙台および福島経由になります。

通学通勤の不便さで進路を悩むもの、住居を変えざるをえないもの
来年再来年春に進学や就職を控えた青年たち、老人や子供たちにとってあまりに大きな足かせになっています 。

 福島県浜通り。原発立地の大熊町双葉町から以北は旧相馬藩領です。
小藩ではありますが一度の国替えもなく昔から野馬追祭りをはじめ歴史的な絆の強い一つの国です
今回大きな傷を負ったのは多くが仲間たちの土地です。

JR東日本は震災以前より いわき以北の特急ひたちの廃止を主張しておりました
東京から相馬は青森よりも遠いのです
なぜ今まで高速道路がなかったのでしょう残念ながら相馬藩領には1mも高速道路はありません
 皮肉な友人は『原発立地や増設のために地元に与えられるのは≪適度な飢え≫だろう』と言います
鉄道も道路も寸断された海岸線に発電所だけがならんでいます。


どうせなら、我々相馬の男 馬にでも乗りますか



そら
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。