スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

low population zone

tizu1.jpg

「廃炉作業の日程がどんどん先送りされて作業が遅れてる 」
「これじゃ廃炉には百年もかかるんじゃない」
「まだ原子炉内部の状態はわかっていない。どれだけの燃料がどこにどんな状態であるのか。わからない」
「只今、偵察ロボットを開発中」
「結局いまだにどれだけの事故が起きたのかわかってはいないってことね」
「それで廃炉作業の工程表を作るなんてどだい無理な話ね」
tizu4.jpg

「たとえば車同士が衝突したとしよう。今は漏れ出したガソリンがを引火しないように必死でくい止めようとしている。ただどうして事故が起きたのか、中にはどんな人が何人乗ってるのか、怪我なのか、死んでいるのかわからない。そんな状態かなぁ」
「廃炉作業の工程表はあくまですべて仮定に基づいたものだもの。それで『福島の事故をふまえて』とか『安全性を確保したうえで』とかって言って他所の原発を再稼動させるのはおかしいし恐ろしいわね」
「地震、台風、竜巻、大雨。繰り返される自然災害。廃炉作業の課程の中で何が起きるかわからないと地元では思っている」
「まだ事故は終わってはいない
tizu3.jpg

「事故がどこまでが地震のダメージでどこまでが津波のダメージなのかも解明されてはいない」
「そこは重要だと思う。間違うと津波対策ばかりを優先して安全だと錯覚しそうだ」
「勿論、事故の原因の多くが津波によるものだと考えたほうが、再稼動に向けてその後の対策はしやすくなる」
「でも地震によるダメージごと津波が飲み込んだ可能性もある」
「これだけわからないことばかりで、福島の事故を基にした安全性の議論などなんの意味もないってことだ。川内原発の再稼動をめぐって不思議不思議。国は『安全性を担保しうる審査が通った』と言い地元は『国が責任を持った』と言い安全委員会は『審査は通るがそれが安全性を保証するものではない』と言い九州電力は『皆様にご理解をいただいて』とニコニコしてる。これじゃまるで『責任の擦り合い、鬼のいないかくれんぼ』、悪魔の循環じゃないか」
「くれぐれも福島の地震や津波が最大だとは思わないほうがいいね」
tizu2.jpg


「スピーディー開発の予算が削られた」
「なぜだろう。世界の流れとは逆行してるね」
「事故のさいにはどれだけの放射能がいつどの方向にあるのかは大事な情報のはずよ。より精度をあげてリアルタイムで情報が伝わるような開発は続けてほしかった」
「再稼動に向けていくら避難経路や避難場所を決めてもそれは理想的に事故が起こった場合の話で妄想だよな」
「原発の事故はあまりにも規模が大きすぎる。いざ事故が起きてもそれがどのぐらいの事故なのかがわからない。放射能や汚染水、目には見えない敵との戦いだ。あの時は呼吸する空気と水さえ不安だった」
「そうだったわね。あの時はこの空気吸ってていいんですか、この水飲んでもいいんですかってところから始まったわね」
「過疎地を狙って原発を造ってきたんだから立地には老人や病人、災害弱者が多い。ケースバイケースの事故にどうやって対応しろっていうんだろう」
「あの時、国や東電の発表は誰も信頼してはいなかった。いざ事故が起きてギリギリの状態になると結局みんな個人個人の判断が迫られる場合が多かった」
「なにを信じていいのかわからない。とにかく科学的で客観的な情報がほしかった」
「だからこそせめてスピーディーのような情報は即座に公開する体制を目指すべきだ」

「再稼動にはスピーディーなのにね」
tizu6.jpg


「地形や風向きによるけれど福島の場合、原発から10㎞の所より30㎞50㎞離れた所のほうが放射能が高い地域もあった」
「確かに避難に早期に対応しなければならない地域の対応が遅れ、必要以上の混乱を招いた地域もあった。そしてそれで亡くなった人達がいる」
「5月の福井地裁は大飯原発から250㎞範囲の住民の危険性を認めた」
「地元の同意という場合の地元の範囲。立地する市町村と県庁が合意すればそれでいいのだとホントに思ってるのだろうか。川内のいちき串木野市はほぼ原発立地じゃないか。大間の風は津軽海峡を渡って函館の夜景に吹くのではないか。風向きや天候によっては立地市町村より周辺に多くの放射能が届く」
tizu5.jpg


「たとえば東京で考えたら。都庁の隣の原発を再稼動させるとしたら、東京都と新宿区だけの合意でいいのかってことだ。百歩譲って東京都と23区だけの合意で原発を再稼動させるのかって。周りの人達には、逃げる準備はしておけってことになる」
「この程度の地元住民の合意などどんな根拠があるんだろう」
「被害範囲は絶対に定規やコンパスでは予測できない」
tizu8.jpg


「原発は将来の子供や孫にとっては、コンクリートで固められたデメリットではないか」

「原子力のこの化学反応を前にしては、生命体としての人間は途方にくれるほどあまりにも無知で弱者なのではないか」

「放射能は空飛んでる。汚染水は海流にのる。鳥は空飛んでる。魚は海を泳いでる」

tizu7.jpg

          写真は海岸通り絵地図より
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。