スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相馬の子供たち 「17才の春」

      「17才の春」   
 low population zone



kamo.jpg




『ヒットラーにふんしたチャプリンは映画『独裁者』の中でたしか「一人の人を殺したら殺人者で一度に何万人もの人を殺したら戦いの英雄で勝者なのか」と言っていた』

『人の家や財産、仕事や生活を奪ったら、大きな犯罪だと思う。でも福島県では一度に何万人もの人々がそうなった』

『あまりに規模の大きな犯罪は、犯罪にはみえないのかもしれない』

『頭を下げて[私の責任で]とは言っても結局誰がどう責任をとったんだっけ?』

『いゃ。いつのまにかお金が責任をとることになった』

『賠償とか補償といってもだいたいの人はみんなもとのくらしにもどりたいだけだし、 ほんとに大事なことは お金では つぐなえないことだと思う』

『家族が健康なのが一番で あとは漁に出たい米を作りたい牛を飼いたい。ただそれだけなんだよね』

『自分が生きてるうちには原発は止まらないなって、うちの親は悔しがってる』

『今現在、自分たちがどれだけの傷を負っているのかさえ、わからない』

『どう考えても廃炉まで30年は長すぎるよね、万が一うまくいっても私たちの不安がなくなるのは・・・・50歳になっちゃう』

『30年で廃炉?。それだってどれだけの根拠があんだろう、事故の収束宣言なんて出されると余計に心配だよね。想定外のことが起きたんだから、これからも起きるよね』




pot.jpg




『福島の悲劇は国を信用できなくなったってことだと思う。国は国民の生命や健康にかんする大事な情報も隠すんだって』

『たしかに。その時その時で情報がすごくコントロールされてる感じがして、いったい今現在 どれだけ隠してるのだろうかって』

『大事な情報を隠して、いったいなにを守ろうとしたんだろう』

『私たちやこの地域の人たちはもちろん とくに優れてはいないと思う。でも軽視されるような地域が国の中にあってはいけないと思う』

『でも、リスクの認識の甘さはみんなにあったと思う』

『それは、たしかにそう。でもいざ事故の時には、打つ手がなくて持ち駒がない。これには驚いた。上から水まくとか、おがくずや新聞紙つめるとか、汚染水に色付けて行先を調べるとか』

『科学を武器にしてもなにもできないってことはわかった。とにかく逃げるしかなかった。地震ならより早く、津波ならより高く、放射能ならより遠くへ』

『より早く、より高く、より遠くへ?でもこれじゃ まるで陸上選手だ』

『結局、制御できないモンスターをつくりだし、我々にはなすすべがなく、それが、ごくごく近くで生きているってことだよね』

『いや、事故直後の対応がもっと適切ならこんなに大きな災害にはならなかったと思う』

『プログラムされた能力を超えてマシンがかってに動き出す。コントロール不能。こんな映画あったよね』

『除染 除染っていっても 汚染した物質をただ移動させてるだけだもん。科学的に減らしてるわけじゃない。回り回ってまたもどってくるような気がする』

『雨降ってるのに車洗ってるようなもんだ、あとはただ時間が過ぎるのを待つだけ』

『福島 福島って大騒ぎすることはないと思う、モンスターがいるかぎり将来どっちみち日本中が福島になると思う』

『他の原発立地はみんな福島をみてると思う。事故の時には自分たちも あんな扱いをうけるんだって』

『遠くの原発ならみんな賛成なのかしら』

『福島の教訓を生かせなかったら、、、、、』

             つづく


iso.jpg
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。