FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2018 相美展

18soubi.jpg

5/18~5/20迄
相馬市民ギャラリー(相馬駅前 振興ビル7F)にて開催いたします。
入場は無料です。どうぞお越しください。
スポンサーサイト

外堀・桜濠

17119.jpg

この写真は「桜土手」と題があります。
場所は不明ですが、おそらく北町堀を西から柳橋方向に撮影したものと思われます。



17163.jpg
  《宇多川上流、愛宕山付近》

中村城のお堀の水は上流から取り入れた宇多川の水です。
自然の地形を匠に利用し幾重の堀や城下をめぐり、やがて松川浦へと流れます。
まさに宇多川の分流のようです。


17145.jpg
    《町と城と風の会、会報2号より》

地元有志でつくる「町と城と風の会」による平成四年の調査により各内堀外堀や城下の水路の水の流れがわかりました。

元禄十五年の中村城縄張り図を利用して、図で示したのが現在の店舗の位置です。
土地の西半分は城の一番東にある外堀の跡になります。
開業当初は今の東半分の土地だけでした。
その後の手記には《大正十四年二月十六日江堀を埋めその地上を永久に使用するを契約す》とあります。


17154.jpg

現在、桜小路と呼ばれる通りはかつての外堀。
桜濠《慶応元年、相馬中村城外屋敷割略図より》。
大手門の堀から一度暗きょになりこの堀にそそぎ、北町の突き当たりまで北上し柳橋で北町堀と合流します。

一般的には堀をほりその土砂を横に積み上げたものが土塁になりことが多いようで、
ここも堀に沿い土塁ができ、桜馬場ができたようです。
おそらく桜の並木の美しい馬場だと想像できます。








明治27年

17128.jpg

写真は佐久間善之進が昭和4年氏子総代として相馬野馬追いに参加したおり別館料亭の玄関で撮影したものです。
彼は明治13年佐久間留治、母リイの長男として生まれました。彼が自分の生涯を記した手記また家系図があります。


17131.jpg

明治25年大手先4番地より現在の大町44番地《または92番地》に転居とありますが、
明治初頭大手先での転居前の家業の状態は確かな資料はありません。
明治27年善之進14歳の時に両親が三階家屋建築、旅館、料理店を営むとあります。


17121.jpg

当時木造三階建ての建築は珍しく町には数軒のようです。
現在の北町の土地は中村城下の外堀にあたり当時の開業地は大町です。
名字の佐久間から佐久間屋としての開業のようです。

2017 相美展

17sobiten.jpg


5/19~5/21迄
相馬市民ギャラリー(相馬駅前 振興ビル7階)にて開催いたします。
入場は無料です。どうぞお越しください。

2016 相美展

16相美展

5/20~22 迄 相馬市民会館(多目的ホール)にて開催いたします。
入場は無料です。どうぞお越しください。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。